妊娠後期 出産までもう少し

節約育児トップ >妊娠・出産>妊娠後期

妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月)

もうすぐ赤ちゃんに会えるね♪妊娠後期を無事に過ごせるように頑張りましょう

体重コントロールがポイント

一回に食べられる量が減る場合があります。大きくなった子宮が胃を圧迫するようになり、その為一回に食べられる量が減ってしまいます。数回に分けて食べるようにしましょう

甘い物
赤ちゃんに糖分をたくさんあげるようなしくみになるので、今まで甘い物が嫌いなママも食べたくなる事があります
体が要求しているので、少しは食べてもいいですが、食べすぎないように注意しましょう!
今まで体重管理が成功していた人も、後期になっていきなり太ってしまったという話はたくさんあります

妊娠線
妊娠線ができやすい時期なので、気をつけてください
一度できてしまうと消える事のない妊娠線 最後の追い込みになるので、毎日のお手入れは欠かさずにやるようにしましょう

妊娠線予防のクリームをご紹介します。安いものをピックアップしてみました
ちなみにクロママが使っていたのは ヒアルロン酸 です。近くのドラックストアで400円ほどで購入 
大容量で全身に使えるのでおすすめです!しかも妊娠線は一つもできませんでしたよ^^
妊娠線用ではなくても潤いがあるものなら普段の化粧品でも大丈夫だと思います。
薬用妊娠線予防クリーム

体験談
この時期になると、甘い物がほしくて仕方なくなりました。パパも甘いものが大好きなので二人でケーキをぱくぱく。おかげで体重もドーンと増えました。+9㌔ほどに
妊娠線はまだできていませんが、妊娠する前に急激に太った経験があり、そのときにふくらはぎに妊娠線ができてしまいました。本当に消えない物です・・・

動悸・息切れ

胃がもたれたり、動悸・息切れなどの症状が目立ってきます。血液循環量が増えて、30~40%ぐらい多くなって、心臓や肺への負担がピークになってきます。ほとんどのママがこのような症状を経験しますが、不安な方は医師に相談してください

足のむくみ

塩分を取りすぎたりするとむくみがでる場合があります。足だけではなく手の指などにもむくみがでることもあります。塩分の取りすぎは体重増加にもつながりますので、キチンと一日の塩分量を守ってくださいね。むくんだ場合は、足を高くして横になるとか・むくみとりの効果のある靴下などを愛用してむくみをとってください。スリムウォーク
メディキュット

色々なタイプのむくり取りソックスがありますが、クロママはスリムウォークが一番お気に入りです。他のメーカーのも持っていますが、線の跡が付いたり、デザインが変で^^;外出用にはできなかったりと買って失敗したってものが2・3枚あります。高価なソックスなので長年使用できるようなものを選ぶといいですよ^^。クロママは5年愛用してます(笑)

体験談
後期になると、どうしてもお腹が大きくなって動悸・息切れがあります。疲れたら休むようにしていました。遠出も控えて、家でまったり生活を基本に 運動不足解消は DVDのマタニティビクスで解消
辛い食べ物が好きなので、淡白が常にでていて、先生によく注意をされました 足はスリムウォークでむくまなかったんですが、手がむくむ事がおおかったですね。パンパンでした^^;

入院グッズを確認しましょう

そろそろ入院グッズの準備・確認をしておきましょう。お産はいつはじまるか解らないので、いつでも・誰でもわかるようにしておくことが大事です。自分だけ 解るような場所などに準備をしてしまうと、急なお産の場合にパパや親に持ってきてもらうときに何処にあるのか解らないと困ってしまいます。準備をしたら家族みんなに教えておきましょう。病院からもらう入院説明書などを見て、忘れ物がないように準備しておきましょう

入院中のパパ
入院中のパパの食事の用意などは前持って話し合っておくといいでしょう。冷凍できる食事を作っておいて、パパにはチンして食べてもらったり、朝ご飯などはコンビニなどを活用してもらうなど、協力をお願いしましょう

それとペットを飼っている家などは、ペットの食事・おトイレなど 普段はママがやっている仕事をパパにお願いすることになります。パパは仕事などで疲れているので、つい忘れてしまう事もあるかもしれません。そんなことが無いように、最低限やってもらいたい事を紙に書いて、玄関など目につく所に貼っておくものいいかと思います。戸締り・電気・ガス・トイレ掃除・ご飯など
体験談
私が一番不安だったのが、ペットのお世話です。毎日の日課でやっている私とは違って、疲れて帰ってくるパパには面倒な作業だと思いましたが、愛するペットが不自由しないように、ご飯・トイレの掃除・戸締り(猫なので脱走)が一番心配でした。

出産準備

もうすぐ出産

後半の外出する時などは、破水・出血に備えた用意をしておきましょう。バックにはナプキン・下着・タオル・保険証・母子手帳などを用意しておくといいでしょう

いつでも産院に電話ができるように、電話の側に 病院の電話番号・タクシー会社の番号・パパの携帯番号など パニックになった時でもわかるように準備しておくと便利だと思います
体験談
出産に向けて、大きめなナプキンを用意していたんですが、産院で出るので必要がなかったです。下着も2枚産院からプレゼントされたので少ない枚数でOKでした。バスタオルは多めに持って行くと良いと思います。赤ちゃんを包んだり、ベットの下にひいたりと何かと使いました。私は帝王切開だったので、4日間お風呂に入れなかったし、6月と暑い季節だったので汗がすごくてシーツの上にバスタオルをひいて寝ていました。それと自動販売機で飲み物を買うのに、小銭が多くあると便利です。貴重品をいれる所がなかったので多額のお金は持っていかない方がいいと思いますよ。

Copyright(C)2007-2017 節約育児日記.All Rights Reserved